精進落としとは、古来、家族が亡くなると、葬儀が終わるまで生ぐさいモノを断って、修行僧が食べている野菜や豆類、穀物を工夫して調理した精進料理で過ごす習わしがあり、四十九日が明け初めて肉や魚を食ぺることをいいます。
本来は四十九日が明けてから行なうものでしたが、近年は、お葬式と同じ日に行なうのが常識になっています。
現在では、精進落とし席で遺族の代表が、無事にお葬式を済ませることができた事へのお礼の挨拶を述べ労をねぎらいます。
そういった意味合いもあり、精進落としの席はダラダラ続けないように気を配り、一段落したらサッとお開きにする心遣いが必要です。
もし精進落としを省略する場合には、「御膳料」を包んで労をねぎらうようにします。
事務的な意味合いでは、精進落としのあと、葬儀の時の諸経費の清算や事務的な引き継ぎを片付けておくとよいでしょう。
具体的には、引き継ぎは、会葬者名簿、弔問客の名刺、香典、香典帳、供物・供花の記録帳、弔辞、弔電、現金出納帳、領収書、請求書などを整理・引き継ぎします。
とくに香典については、正確な合計金額をこの時にきちんと確認し、トラブルを防ぎましょう。
また、近親者で四十九日などその後の法要について、打ち合わせや確認をしておくと後々の手間が省けます。
遺骨は原則、自宅に持ち帰り、葬儀社が用意してくれる後飾り祭壇に安置して、四十九日まで毎日線香をあげながら忌が明けるのを待ちます。
ただ最近では、埋葬の日まで、遺骨を寺の納骨堂であずかってもらうケースも多いようです。

おすすめもチェックしてみて→お葬式

関連記事

    None Found