お祝いごとやお葬式の時に、必ず持参するのがのし袋です。
その時、のし袋のマナーを知っておくことが大切です。
特に葬式の時は、悲しみに暮れているのでその気持ちを察して、失礼の無いようにしたいものですね。
そしてそのマナーとしては、のし袋をどんな時にどれを使うのかということを知っておきましょう。
結婚式の時は、お祝いと書かれてものを使用します。
そして葬式の時には、神式も仏式も使用できる御霊前と書かれたものを使用するようにします。

最近では、コンビニでも販売されるようになり便利になりましたね。
またその氏名を記載するのは、下半分に小さい文字で行います。
そして内袋がありますのでその袋には、裏に氏名と住所、金額を記載するようにします。
そのように記載をすることにより、受け取った人もわかりやすいのでとても助かります。

おすすめ!→のし袋の書き方

同姓同名の人もいる場合もあるので、その住所を記載するのはとても大切なことですね。
そして金額については、むつかしい感じを用いて記載をすることが望ましいです。
それは、間違うことがないし受け取る方としても、わかりやすいのです。
のし袋は、受け取る人が嫌な思いをすることがないように、またその後に便利に見ることができるようにマナーを心がけましょう。

関連記事

    None Found